ファルコム社長のインタビュー(3/29 閃の軌跡マガジン3より)その⑥

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

←その⑤へ

ところで今回公開されたユウナとクルトの写真に写っている魔獣が、碧の冒頭でアルタイルロッジで戦った魔獣ビジョウに似ている気がします。何か関係性はありますか?

近藤 似ていますがそれは深読みですwあの魔獣は教団と関係ありませんよ。

グラフィック面ではどういったところにこだわっていますか?

近藤 ゲームボリュームがあるのでグラフィックに関しても物量の多さが特徴です。例えばクロスベルに関しては閃の軌跡3で行けなかった場所を作りました。そういった一つ一つの街やダンジョンをしっかりと描き混んでいます。

すでにメインシナリオは書き終えてるとのことですが、どのくらいのボリュームですか?

近藤 メインシナリオ自体のボリュームは閃の軌跡3よりも少し少ないと思います。でもゲームボリュームは閃の軌跡3と同じくらいか、それ以上であることは間違いありません。

閃の軌跡2のようにメインシナリオ以外でできることは多いんですね。

近藤 全てをやり込もうとするとシリーズでもトップクラスのゲームボリュームです。

第二分校は描かれますか?

近藤 そこはしっかりと描きます。第二分校がどうなっているのか注目してください。

その他オリヴァルト屋アンゼリカなど生死不明のキャラクターについては?

近藤 全てのキャラクターに対して大体答えを出していくのでご期待ください。

衝撃の結末を迎えたミリアムは閃の軌跡4で出番はあるのでしょうか?

近藤 どんな形かは言えませんがあります。ファンの形はミリアムがもう出てこないからやめたと思わない方が絶対にいいです。

その他まだ明かされていない伏線やなどについては閃の軌跡4で明らかになるのでしょうか?

近藤 空から続いてきた話、零碧のクロスベル解放について、そして帝国にまつわるエピソードは完結します。もちろん軌跡シリーズとしては世界の謎や結社の目的など完全に解決されないものもあります。それらは次の軌跡へと繋がっていく話です。

次の軌跡ということは本作でも新たな謎が出てくるというケースも?

近藤 まだまだ軌跡シリーズは完結しませんからね。僕が設定を見て驚いた事実が色々と出てきますよ。例えばゼムリア大陸自身の謎とかです。空開発時に自分が思い描いていなかったものですね。それらは共和国編とか他の地域の話に繋がっていくと思います。

ところで今年閃シリーズ5周年、軌跡としては来年が15周年にあたります。なにか予定しているタイトルやイベントはありますか?

近藤 まだ何も考えられませんw閃シリーズを有終の美で終わらせることが最大の目標です。でも来年が軌跡シリーズ15周年となると何かやりたいですね。

是非軌跡最新作を!というのは難しいかもしれないので、一緒にイース VS 閃の軌跡はいかがでしょうか?

近藤 軌跡 VS 軌跡もいけるでしょう、まあこれは完全な思いつきですけどw

軌跡 VS 軌跡是非お待ちしていますw編集部としても色々軌跡シリーズを盛り上げていける本を作りたいですね。

近藤 閃シリーズのまとめ本や軌跡シリーズ15周年本ですね。軌跡は物語が繋がっているのでイース30周年本よりも大変そうです。でも絶対に行ってくださいw

最後に軌跡ファンや閃の軌跡4を発売望んでいる読者のメッセージをお願いします。

近藤 色々なゲームやエンターテイメントがある中で、無事に作品の完結を迎えられるのは製作者にとってありがたいことです。その反面ここで失敗したら閃の5年間が台無しになってしまうので、物語としてゲームとしてやって良かったな、と思える作品に必ず仕上げます。

それと本作は閃の完結作でもありますが、空零碧の完結作でもあるとスタッフに話しています。空零碧のファンの人が消化不良だと思っていたことにも決着つけるため、”全部やったよね”というのを確認しながら作っていますよ。リィンや新Ⅶ組旧Ⅶ組の物語でもあるので、そこも満足してもらえるように描きたい。ぜひとも2018年秋、閃の軌跡4をよろしくお願いいたします。

閃の軌跡マガジン3のインタビューは以上です。

ファルコム近藤社長インタビュー一覧へ

記事一覧へ